2009年3月28日土曜日

小つる師匠 そしてちびっこ

 昨日、いつもお稽古場でお世話になっている秋寅の館で
恒例の秋寅寄席がありました。

 実に三年目突入という今回、来年に枝鶴を襲名なさる笑福亭小つる師匠がいらっしゃいました。

 お客様の入りは上々で、主催者さまも一安心といったところでしょうか
 ちびっこ落語の謙笑くん(香川)と、りん吉ちゃん(大阪)も、集客に一役買ったようです。


 ちびっこたちの、かわいいだけでない完成レベルの高いお咄も良かったですが、
 やはり小つる師匠の余裕の感じられるお咄しは、聞く方に安心感を与えます。


 師匠もおっしゃっていましたが、芸は場数踏んだだけ上手になれます。

 小さな咄家たちにもいろんな場で、もっと活躍して欲しいものです。

 ふなきちも、場数踏んで上手になります!
 場を探さなくちゃね。

0 件のコメント: