2009年6月13日土曜日

お座敷

 お仕事は接客業ですが、お仕事中にお客様が許して下されば三線を演奏し、聴いていただいています。

 そもそもは、オーナーのお母さんが「お店の宣伝にもなるし、なによりあなたの練習にもなるでしょ」と、お客様に三線を聴いていただくアイデアを下さいました。まるでお座敷のような感じ…
(聴いていただくことで腕を上げる、腕をあげたら聴いていただきたくなる、という好循環の考えは、まさに私の「お客様に育てていただく」論理にぴったりだ!)

 お店に三線を持ち込みだしてひと月位になりますかね。
 最初は慰問ライブなどとは全く違った雰囲気で(一人だし!慰問はいつも二人以上だし!)びびってしまっていました!(そんな自分が新鮮で情けなくありました。)
 でも、昨日はもう、慣れたもんです。自分で言うのもなんですが、だいぶ落ち着いて演奏出来るようになりました。
 ※カラオケにチューニング合わせて弾けるようになりましたよ!鍛えられますよ!

 慰問の時にも使用する歌詞カードを持って行くのですが、その内容をお客様がご覧になって、「なんでこんな古い唄やってんの??」と驚かれます。
「かくかくしかじかで」と慰問ライブのことを話しますと、皆さん感心してくださいます。(まあ、否定はしないわな…)
 これからは少しずつフォークソングなんかもいれたら、お客様のご要望にもっとお応えできるような気がします。そしたら、お客様も楽しいし、私も楽しいです。

1 件のコメント:

むらも さんのコメント...

御無沙汰しております、御活躍のようで何よりです。
ふなきちさんの演奏に対する姿勢、素晴らしいです!ウチの仲間にも見習う様、よぉ
言っときます。
今度はゆっくり広島へお越し下さいね!