2013年4月16日火曜日

ブログのあり方について考える。

どうも、ちゃんと生きてます。

このブログを始めて、けっこうな時間が流れております。

そもそもこのブログを始めたきっかけ、動機ってのは、
『香川県での三線の活動をやっている団体(人)がいるというアピールがしたい』
というものでありまして。
そうすれば、さいさいの活動日記で、すでに充分役目を果たしているのであります。

で、
「じゃあ、ここのブログどうすんの?」
「同じ事書いてんじゃ、存在意味ないし。」
と、自問自答したこともあるのですが、何事も深刻に考えていいことないので、ゆる〜くふなきち個人として思ったことを書くんでええでないかと思った次第。
そしたら、こんなに放置状態が続くことになっておるのであります。

まあ、言い訳はおいといて
「いっそ、閉鎖してもいいんじゃね?」とか思いましたが、
案外、このブログに貼付けてるお気に入りブログやHPが、役に立ってることもあるみたいで、そのつながりはちょっと置いときたいな…とも思っております。

FBやツイッターが横行するこのご時世、見てて思うのは、
私個人としての情報を垂れ流しにしておもしろいことなどちっともありません。
日記を公開する度胸もありません。(おもしろい日常ではないですから)
だとしたら、やはり、私の思いを綴るしかないのかしらね〜
エッセーていうの?
イメージとしては、吉田兼好とか清少納言とか…あんな感じでいいのかしら。

というわけで、毎日をもっと大事に過ごしてみようと思い、ブログを綴ります。

これからもよろしくです。





参加しています
  ふなきちエンタープライズ@up sold
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

0 件のコメント: