2013年11月5日火曜日

瀬戸芸最終日の目的地。

瀬戸内芸術祭秋の会期最終日に、本島での作品のひとつとしてやっている『続・塩飽大工衆 善根湯×版築プロジェクト』を見て来ました!
さらば、丸亀港!
途中の詳しい道のりははしょりまして、塩飽大工の会場。
足場を組んでいるのは、建設中のサウナ。
お昼休みを済ませた斎藤氏(ちょっとしたお知り合い)が、足場の上から手を振ってくれたので、「そこって、あがってもいいんですか〜〜〜〜?」て聞いたら、普通に「ええよ」と言うので、
周りで聞いていた人たちと大挙して足場を登って行きました。
たーのしー!
↑↓写真に映ってるこの人がプロデューサーの斎藤氏。
 斎藤氏が脚を置いている部分を、ハンマーの役目をする道具でたたき固めて作り上げます。
まだ完成していませんので、現場に行けばいつでも版築体験をさせてもらえるはず。
満足して島を後にしました。
島民の皆様の熱烈なお見送り。
嬉しいです。ありがとうございました!
時々行って、サウナの完成の過程を見てみるのも楽しいでしょうな。

0 件のコメント: