2015年12月12日土曜日

植物の話

椿の花がまだまだ咲いています。
昨日の強風でいっぱい落ちたと思うけど、蕾もたくさんあります。

さてこちらはキンリョウヘン。

 販売元は「端から自然に枯れていく葉がありますが、それは生理的なものなので株自体が枯れる心配はありません。」とおっしゃっていましたが、そういうそぶりもなく緑の葉っぱを茂らせています。
 これから寒い時期になるので、葉が増えることもないでしょうけれど、減らないのは初心者にとって安心です。

そしてボリジの苗たち。

 左上角のは、根っこが出てた方向が上に向いてしまって、長いこと成長できずにいたのです。
 自然に任せたらいいと思っていたのですが、発芽率が芳しくないのでチャンスをみすみす逃すことはないと思い、土に埋めてあげたら新しく細い根っこが生えてきて確実に成長しています。

そしてこちらは、一番大きい苗を実験的に水耕栽培にしてみました。

 苗の右側にある葉っぱは、北側の花壇でナメクジの被害の残骸です。この後、やっと残った二つの株も根元からやられて、一つしか残っていません。(しかも残ったものの根元もザクザクになっていました・・・)
 長いこと切り取られた葉っぱだけ残っていたのですが、水耕栽培で生き返ったレタスを思い出して水にさした次第です。
 ボリジって、そんなに美味しいのかなぁ・・・苗も、もっと大きくなってからでないと花壇に植えられないですね。場所も分散させて、全滅を防がないといけません。

そして、ナメクジに根元やられて息も絶え絶えだったレタスの現在です。↓
 少しずつ中心から新芽が出て、細々と成長しています。根っこはぐんぐん伸びていて、しばらくは心配ないでしょう。

相変わらず元気なイチゴファミリー。

 それにしても、ナメクジにレタスの苗やらを根元からやられてきましたが。「根元はやめて!」の気分です。


CMAN QRコード作成










ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

0 件のコメント: